トップページ »  » 海外ウェディングのデメリットについて

海外ウェディングのデメリットについて

海外ウエディングを行う場合、メリットだけではありません。
当然、デメリットも発生します。
どのようなデメリットがあるのでしょうか?

海外挙式は参列者が限られるので、多くの人に参列をしてもらうということができません。
ご祝儀を受け取るということもありません。
両家の両親からご祝儀を受け取ることはあるかもしれませんが、親しい友人などの場合いには、旅費を参列者が出すことになりますので、一般的にはご祝儀を受け取る事がないのです。

中には挙式は海外で行い、帰国をしてから国内で披露宴を行うという場合もあります。
どうしても披露宴を行いたいという場合にはそのような方法を取ることもあるのです。

また国内での挙式とは異なり、会場の確認を頻繁に行うということも出来ません。
全て業者に委託をするという形になることが多いのです。
ですから、実際に挙式を行うという段階になって、発注をしていたものとは違う挙式になってしまうということもあり得るのです。
トラブルが起こりやすいというのが、海外での挙式のデメリットでもあります。

参列者をかなり制限しなければいけないという部分でも、問題になることがあります。
付き合いの程度は双方で捉え方が違うこともあるのです。